パナソニック リフォーム株式会社 > パナソニック リフォーム株式会社 採用TOP > サポートシステム

サポートシステム

一人ひとりの能力を最大限に活かす。
その基盤には“事業は人なり”という人材観がある。

企業にとって何よりもかけがえのない財産は人。組織がどんなに大きくなっても、事業の成長を支えるのは社員一人ひとりの力に他なりません。「事業の根幹は人であり、企業の財産も人である」というパナソニックグループの思想は、パナソニック リフォームの人材観として息づいています。

パナソニック リフォームの人材育成

事業環境の変化に柔軟に対応し、新たな成長を遂げるため、独自の人事制度を設けています。全社員のビジョン共有と一人ひとりの高い主体性を重視。
個人の創造力やチームワーク力を最大限に生かす、やりがい・いきがいを追求しています。

基本方針

人材育成基本方針
人材育成基本方針
  • 仕事の特性やキャリア形成の領域・勤務地の範囲などにマッチした複線型の人事制度。
  • 全社員がプロ意識と強みを持った自立型人材育成の徹底。
  • 成果や実力を反映し、やる気(やりがい・モチベーション)の向上を重視した評価・処遇の実現。社員のチャレンジ意欲に応え、キャリア形成へとつなげていきます。

人材開発トータルシステム

1・1・2面接
仕事や自己啓発、将来の計画、私生活面などについて、年2回、上司と1対1で本音で話し合う制度。今後の課題や進むべき方向性を確認し合います。
目標チャレンジ制度
各所属部署の方針や事業計画にそって個人の目標を設定し、面接時に上司と方向合わせをします。会社と個人の目標の統合と達成をめざす制度です。
実績レビュー制度
1年間の仕事の成果や能力・技能の習得についての自己評価を報告。上司からも意見を述べ、オープンで公正な評価を実現します。
キャリア開発制度
仕事や能力開発についての希望を申告する制度。適性や希望を尊重し、ローテーション・キャリアコース変更・教育訓練などを計画。個性を活かした人材育成をすすめます。

多様な人材の活躍推進「ダイバーシティ推進の取り組み」

私たちは異なる価値観を認め合う、多様性あふれる風土の構築をめざしています。自立した個人が自由闊達に個性・創造性を発揮し会社も個人も成長しつづけるために、3つのテーマで多様性推進活動に取り組んでいます。

パナソニック リフォーム多様性推進活動

多様性(ダイバーシティ)推進とは、これまでの社内常識や固定的な役割分担意識にとらわれずに、多様な人材の価値・発想を取り入れ、企業の成長とES(従業員満足)向上につなげる取り組みです。

人材育成基本方針
人材育成基本方針
コミュニケーション力の向上
・組織連携をさらに高めるための様々な切り口での多様性交流会
女性社員の活躍支援
・女性社員の職域拡大、採用拡大
・育成プログラムの充実
若手社員の活躍支援
・3ヵ年育成計画
・メンター制度

ワーク・ライフ・バランス向上への取り組み

お客さまの夢を実現する会社として、社員も仕事を通じて自己実現を図るとともに充実したプライベートを過ごせることが大切。パナソニック リフォームでは、様々な両立支援制度を導入し、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活との調和)の実現に努めています。

ワーク・ライフ・バランス宣言

私たちはECOワーク活動を精力的に行い、さらなる生産性向上による業績向上を図るとともにパーソナルライフの充実に目を向け、健康で豊かなくらしをおくるために行動します。

仕事と家庭の両立支援制度

仕事と家庭の両立を支援し、子どもや要介護者を持つ人も安心して働き続けられるように、法を上回る様々な支援制度を用意。また、長期休業による不安を取り除くことを目的に、2006年度より育児介護休業者に対し、職場復帰支援面談制度を設けました。さらに、休業中も会社とコミュニケーションが取れるよう近況報告などレポートのやりとりを制度化し、スムーズな職場復帰を支援しています。

カフェテリアプラン

多様化する価値観・ニーズに対応するため、各自のライフスタイルに合わせたプランを選べる「カフェテリアプラン」を導入しました。

一人ひとりがいきいきと輝くために

カフェテリアプランとは、自分の意思で選択するライフサポート制度で、心身の健康増進、仕事と家庭の両立、自己啓発、財産形成などをバックアップすることを目的にしています。プランは、社内制度だけではなく外部とも提携し、支援メニュー・内容の充実を図っています。


あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。