木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > 江口さんのリフォーム講座 > vol.01

Vol.01 これからの人生をもっと楽しくする。そんなリフォームをめざしませんか。

わが家への愛着を大切に、今も将来も楽しい空間を。

リフォームの仕事に携わるようになって18年になりますが、以前はリフォームといえば「修繕」というとらえ方が大半でした。けれど最近はお客さまの意識もずいぶん変わってきていますね。リフォームの可能性ってとても大きくて、新築と同様、やはり生活をどれだけ楽しく豊かなものにできるかということが究極のテーマなんです。頑強な構造体を生かしながら、わが家の長所や家族の思い出を大切に、以前よりも素晴らしい住空間を創り出していく。もちろん新しい機能や素材を積極的に取り入れて、より一層快適性も高めます。
「人生が楽しくなるような住空間づくりを」といつも提案していますが、リフォームは、これからのくらしを魅力的にする、とても有効な方法だと思いますね。

部分だけでなく全体を。柔軟な発想で考えること。

リフォームを成功させるには、まず、大きな目で全体的にとらえることです。パナソニック リフォーム(株)のフェアで講演後、個別にご相談にのる機会がありますが、どうしても今の間取りをベースに考えられている方が多いんです。例えば、キッチンが古くなったから変えたいとお考えの場合、私はそのキッチンが北側にあるなら、キッチンを日差しが入る明るい南側のスペースにされてはいかがですか、という提案をよくします。そうすると皆さんとても驚かれるんですね。もちろん予算的なことはありますが、部分だけでなく家全体を見直してみる、そんな発想の転換がリフォームには大切なんです。
そして時間的にも、10年、20年と家族構成やライフサイクルが変化していくわけですから、今も将来も楽しく生活できることを長期的に考えたいものです。

満足のいくプランニングは多くの情報を伝えることから。

同じスペースの中でも、今までとはまったく違うくらしの楽しみを生み出す、それがリフォームの醍醐味です。そのスタートであり、重要なポイントとなるのがプランニングです。では、満足のいくベストなプランニングのために必要なことは何でしょう。江口惠津子さんそれは、まず最初の打ち合わせでいっぱいお話をしていただくことです。具体的な要望はもちろん、漠然としたイメージでも構いません。あるいは、家事をしていて、ふと思いついたような、日々の生活の中で感じるさまざまなこと。また無理かなと思うようなこともお話ください。そして、変えたいことだけでなく変えたくないことを伝えるのもリフォームでは大切です。どんなに小さなことでも情報が多ければ多いほど、私達プロはそこから発想を広げプランニングの可能性も大きくふくらみます。そうしてできあがった最初のプランをもとに、さらにコミュニケーションを重ね、ベストなプランに磨きあげていくのです。

セミナーで熱く語る江口さん。 セミナーで熱く語る江口さん。
リフォームのポイントが明解で新鮮と好評です。

オープンなキッチンを明るい南側へ。 オープンなキッチンを明るい南側へ。テラスとも一体化する、開放的な空間です。

光と風があふれる2階にLDKを。 光と風があふれる2階にLDKを。
逆転の発想で快適な住まいを実現できます。

えんじ色のキッチンをLDKの中心に。 江口さんの提案で、奥さまが一目惚れされたえんじ色のキッチンをLDKの中心に。

開放的なLDKを実現したリフォーム実例。 マンションの10階という眺望を生かした、開放的なLDKを実現したリフォーム実例。

ページの先頭に戻る

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。