こだわりをフルに生かして一新。
どの部屋からも庭の眺めを楽しめます。

古民家 大阪府 Kさま邸

Kさまのお住まいは、まさにお屋敷と呼ぶにふさわしい堂々たるスケールの古民家です。築90年以上を経て老朽化が進んでおり、お子さまたちの独立を機にリフォームを計画されました。
生まれ変わったKさま邸は、伝統の味わいを生かしながら、暮らしやすく心地いい空間に。どの部屋からも素晴らしい庭の眺めが満喫できます。さらに、水まわりを先進設備に一新し、機能的な家事動線や段差のないバリアフリー設計、充実した収納も実現。断熱や耐震などの性能もアップして快適・安全なお住まいになりました。
「妥協せずに自分達の納得のいく素材を選べたし、外構まで含めてとてもいい感じに完成しました」とご主人。「どこからも庭が眺められる家にしてほしいとお願いしましたが、理想以上」と奥さま。リフォームの出来栄えにご満足のご夫妻でした。

リフォームのきっかけ

  • 築90年以上と老朽化しており、屋根の補修が必要だった
  • キッチンが玄関を入ってすぐの場所にあるのが気になっていた

リフォームポイント

  • 各室から庭の眺めが楽しめる心地いい空間
  • ゴージャスなクロス仕上げのお出迎えの間
  • 水まわりを一新し、バリアフリーや動線にも配慮
  • 耐震補強と断熱改修による性能アップ
  • 伝統のなかにモダンな感性を生かした外観

お施主様の声

デザインにはこだわりがあり、せっかくリフォームするのだから、ありきたりのものにはしたくありませんでした。思いもつかないような新しい発想で提案してもらえたことが素晴らしかったです。じっくり考えてリフォームに取り組んだので、住んでからこうしておけばよかったと思うこともほとんどないですね。

リビング・ダイニングから続き間の和室につながる大広間。大きな開口の向こうには、庭の眺めがパノラマのように広がります。

スタイリッシュなインテリアに仕上げられたLDK.庭を見ながら食事をしたり、団らんしたり。大きな掃き出し窓からはウッドデッキへと続きます。

まるで高級旅館のような美しい和室。大切にされていた座卓を掘座卓に活用されました。予備の畳をはめれば、フラットな大広間になります。

ゴールドの壁クロスがおしゃれな玄関横の和室。ちょっとしたおもてなしができるお出迎えの間です。

Kさま邸の玄関は2ヵ所。写真は北側の和室に続く玄関。梁、襖、屏風など古民家ならではの雰囲気で、訪れる人を格調高く迎えます。

南側の玄関は、トイレなどを撤去して新設。玄関ホールは、のびやかな吹抜けに。

屋根はダークグリーンの瓦葺き、外壁は明るい栗色に。多くの事例を参考にして実現したこだわりの外観です。

夜も魅力的な表情を見せる堂々たる外観。「ライトアップされた庭の眺めが素敵」と奥さま。

担当者の声

担当者の写真

お施主さま目線で暮らしやすいようにゾーニングしました。古いお住まいでしたので、解体が始まってから調整が必要な部分もありましたが、現場でも打ち合わせを重ね、細かい部分も丁寧に進めていきました。(村上)
この家を生かしたいというお施主さまの想いを大切に、お庭を最大限に楽しめるプランをご提案させていただきました。和の風情を大切に、訪れるお客さまにも楽しんでいただける空間をつくりました。(栗山)

栗山かおり(設計)、村上健太郎(営業)

リフォームプラン

Before
リフォーム前の間取り図
After
リフォーム後の間取り図

Before

リフォーム前の写真 リフォーム前の写真

物件情報

都道府県
大阪府
築年数
91年
家族構成
ご主人・奥さま
構造
古民家

リフォーム概要

工事面積
327.15m²(98.95坪)
リフォーム費用
約7,070万円
  • そなえるリフォーム 住まいづくり50余年の実績と信頼でこれからの大切な人生を安心、健康、快適に。
  • 2019年 オリコン顧客満足度ランキング 大型リフォームお客様満足度 第一位
  • ご自宅にいながら リフォームネット相談