木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP >Gさま邸(大阪府)

築50年のわが家を機能的で快適に。

Gさま邸(大阪府)

  • 二世帯でくらす
  • 木造
  • ナチュラルモダン


築年数 50年 工事面積 174.11m²(52.67坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま・長男・次男・三男 リフォーム部位 リビング、ダイニング、キッチン、居室、バス、洗面、トイレ、玄関、外まわり

リビングが明るく広くなって心地いいです。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[子どもの成長][建物・設備の老朽化]

二間続きの和室を一体化した、開放的なLDK

3人のお子さまの成長を見据えて、機能的で快適な住まいを実現。

純和風の木造住宅でご主人のご両親と二世帯同居されているGさま。3人のお子さまの成長など、くらしの変化に対応できるよう、広い親世帯とコンパクトな子世帯という現状の居住ゾーンを入れ替え、古くなった設備を一新する大規模なリフォームを決意されました。
1階には広々としたLDKと和室をプランニング。2階にはご夫妻の主寝室とお子さまの個室をゆったり配置されました。さらに、ご要望だった太陽光発電システムの採用やバリアフリー化、耐震補強なども実施。機能的で快適なお住まいを実現されました。
「リフォームでこんなに変わるのか、というのが実感。居心地がいいから、家族でリビングで過ごす時間が増えました」とご主人。生まれ変わったわが家に満足されています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][耐震補強]

before

  • 親世帯が広いのに対して、子世帯の居住ゾーンはコンパクトだった。
  • 築50年のお住まいで間取りや設備が古く、使い勝手が悪かった。
  • 純和風の造りを、椅子を中心にした洋風の雰囲気にしたかった。

after

親世帯と居住スペースを入れ替えて一新された子世帯ゾーン。1階には和室二間を一体化した開放的なLDKと、仏間を兼ねたモダンな和室をプランニング。廊下にはギャラリーコーナーを新設。2階はご夫妻の主寝室と3人のお子さま達の個室に。随所に使い勝手のいい収納も確保されました。また、バリアフリーにして床の段差を解消し天井高をアップ。「主人は背が高いので、天井が高くなってよかったです」と奧さま。制震工法による耐震補強も行い、安全で快適なお住まいとなりました。

ナチュラルな木質フロアのLDK

ストック食材などをしまえるパントリー

収納力のあるシューズインクローク

担当者Voice

パナソニック リフォーム(株)近畿第一支社 営業担当 北面貴行(左) 設計担当 小谷泰代(中央) 施工担当 庄司太一(右)

すっきりとしたくらしをご希望されていたので、収納をどんな風に使うか、何を入れるかなど、くらしを見据えて打ち合わせをしました。住み心地のよい空間に仕上がったと思います。(北面)
ご主人さまは背が高いので、天井高をとても気にされていました。解体してみないとわからない部分がありましたが、段差を解消でき、天井の高さを出すことができてよかったです。(小谷)
既存の床を下げることができたので、すべてフラットになりうまく納まったと思います(庄司

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

営業の北面さんはベテランで、質問への回答やプランの提案も早く、費用の相談も安心してお願いできました。リフォームをしてみて、間取り変更でこんなに変わるのか、というのが実感です。子ども達にとっては初めての個室なのですが、リビングの居心地がいいのか、家族一緒にリビングで過ごすことが多いです。

ページの先頭に戻る

団らんを楽しむダイニング
ペンダントライトがおしゃれなダイニング。壁の上部に設けた窓から光が差し込む、明るい空間です。

LDを見渡せる対面キッチン
料理中もおしゃべりを楽しめる対面キッチン。手元が見えないように高さのあるカウンターを採用。

モダンな琉球畳を採用した和室
床の間は以前のものを再利用。「愛着のあるものを残せるのがリフォームの醍醐味ですね」とご主人。

お子さま達の勉強部屋
3室ある子ども室のひとつを次男と三男の勉強部屋に。「ゆくゆくはそれぞれの個室にする予定」とか。

ゆったり入れる浴室
お子さま達が一緒に入ってもゆったりと入浴を楽しめる広いユニットバスを採用されました。

身支度がスムーズにできる洗面室
モノトーンでコーディネートした洗面室。ダブルボウルの洗面化粧台で、朝の身支度もスムーズに。

アラウーノを採用したトイレ
ゆったりとした広さのトイレにはアラウーノを採用。白のクロスと珊瑚石柄のフロアで明るい印象に。

ギャラリースペースを設けた廊下
広めに設けた廊下には、ギャラリーコーナーを。記念の品やお子さまの作品などが飾れます。

将来を見据えて収納を充実させた玄関
「3人の息子が成長してからも、大きい靴がきちんとしまえるように」と、靴箱とシューズインクロークを新設。


ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。