木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > Tさま邸(大阪府)

笑顔が広がる、のびやかなわが家に。

Tさま邸(大阪府)

  • 子育てを楽しむ
  • 木造
  • ナチュラルモダン

築年数 41年 リフォーム費用 1,500万円 工事面積 86.80m²(約26.26坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま・長女・長男 リフォーム部位 リビング、ダイニング、キッチン、寝室、洗面、トイレ、玄関、外まわり

とても快適。気持ちよく生活しています。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[子どもの成長]

抜けない柱を残し、壁を取り払って実現した開放的なLDK

抜けない柱を残して、広いLDKを実現。快適にくらすための工夫が随所に。

築41年となるご実家の離れに、5年前からお住まいのTさまご家族。年月を経た木造の建物はすき間風が入り、防犯面でも不安がありました。そこで、ご家族みなさまが安心して快適にくらせるよう全面リフォームされました。
細かく分かれていた間取りを見直し、DKと和室、広縁、廊下を一体化して、広々としたLDKに。構造上抜くことができなかった柱を残しながら、開放的な空間を実現しました。中央のアイランドキッチンには、お子さま達が勉強できるようにカウンターを造り付けました。また、すっきりとくらせるよう、玄関ホールやLDK、寝室に造り付け収納を新設。リビングから続くウッドデッキも設けて、お子さま達がのびのびと過ごせる快適なお住まいに生まれ変わりました。「子ども達の笑顔が増えました」と、リフォーム後のくらしをご家族皆さまで楽しまれています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][デザイン重視]

before

  • 築41年の木造住宅ですき間風が入り、ねじ式の鍵など防犯面でも不安があった。
  • 細かく間取りが区切られて使いづらかった。
  • トイレが屋外にあり、不便だった。

after

防犯性向上のため、防犯ペアガラスや面格子、シャッター雨戸を採用。基礎を補強し断熱材を採用するなど、断熱性や耐震性も高めました。そして、区切られていて使いづらかった間取りを一新し、アイランドキッチンが中心の広々としたLDKを実現。壁やカウンターの角をアール形状にして、安全性に配慮しながら見た目にもやさしい雰囲気に。抜けない柱は白く丸い化粧柱とし、コンロ上のフードも白にするなど、ホワイト基調の明るいインテリアにこだわられました。玄関ホールやLDK、寝室など各所に大容量の造り付け収納を確保。以前は外部にあり不便だったトイレも実現し、ウッドデッキも新たに設けられました。

壁やカウンターの角をアール形状に仕上げたLDK

ホワイト基調にアイランドキッチンのピンク色が映えるインテリア

お子さまがのびのびと遊べるウッドデッキ

担当者Voice

中部リフォーム支社 営業担当 市川博子(中央)設計担当 高田和彦(右)施工担当 奥野由典(左)

当社にご依頼があった時には、既に地元工務店とお話が進んでいましたが、プランをご提案したところ気に入っていただけました。細かく分かれていた間取りを、ご家族のふれあいの場にするため広いLDKをご提案しました。抜けない柱とキッチンとの距離感に苦労しましたが、スムーズに進めることができました。(高田)
抜けない柱をいかに自然な形で残すか、リビングの壁のアールをいかにきれいに見せるかなど、随所にこだわりました。元々お茶室があるような格式のあるお住まいでしたので、新築で施工した大工の方の思いに応えるためにも、細部まで高さやバランスにこだわりました。(奥野)

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

地元工務店2社とすでに話を進めていましたが、LDKを広げることはできないと言われて、リフォームだから仕方ないのかなと思っていました。でもパナソニック リフォームさんでは、耐震上問題なく広いLDKを実現できるプランを提案されて、引き込まれるように契約に至りました。担当の方も、親切丁寧に対応してくださいました。

ページの先頭に戻る

カウンター付きのアイランドキッチン
オープンな空間の中心にあるアイランドキッチン。手元に照明が必要な箇所に、ダウンライトを設置しました。背面の吊り戸棚は既存のものを再利用されました。

オープンな家族の団らん空間
オープンなリビングの一角に、お子さまの勉強机を配置。のびのびと気持ちよく過ごせる団らん空間です。

空間全体を見渡せるアイランドキッチン
オープンなアイランドキッチンをLDKの中心に配置。ご家族を見守りながら料理ができます。リビングには、折戸で大きく開口できるワイドな収納を造り付けました。

ご家族のくつろぎの寝室
以前は茶室だったスペースを、ご家族の寝室に。天井には、暗くなると星空のように光るクロスを採用されました。反対側の壁一面には、造り付け収納を新設。

移動して使いやすくなった洗面化粧台
浴室から離れた場所にあった既存の洗面化粧台を移動。トイレと浴室の間に設置して使いやすくなりました。

使いやすさや防犯性に配慮した脱衣室
LDKと段差があったため、床をフラットに。防犯対策のため、引き違い窓からFIX窓に変更しました。かわいいキャラクターのクロスを採用。

かわいいクロスのトイレ
以前は屋外にあったトイレを屋内に新設。「子ども達も怖がらなくなってよかったです」。自動でおそうじするアラウーノを採用されました。

大容量の収納を設けた玄関ホール
玄関には、大容量のシューズクロークと上着などを収納できるクローゼットを設けて、収納力を高めました。3枚扉で大きく開くことができ、スポーツ用品などもすっきりと収まります。

ひとつの部屋として活用されている玄関ホール
広い玄関ホールに、別の離れにあったピアノを配置。家の中で練習ができると娘さまも喜ばれています。また、玄関框が高かったため、段差を設けて安全に昇降できるように配慮しました。

壁にコルクボードを設置した廊下
玄関からリビングへ続く廊下の壁には、ご家族の写真などを貼ることができる大きなコルクボードを設置。「設計の方が家族の写真が多いことに気づいてくださって、提案していただきました」とTさま。

室内からひと続きになったウッドデッキ
リビングから続くウッドデッキは、メンテナンスのラクな樹脂製を採用。バーベキューやお子さまの遊び場にと、楽しみをふくらませておられます。ウッドデッキの雰囲気に合わせて、外壁も塗り替えられました。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

オトナの夢はカタチにしよう パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。