木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > Mさま邸(奈良県)

つかず離れず、二世帯が快適にくらす家。

Mさま邸(奈良県)

  • 二世帯でくらす
  • 木造
  • ナチュラルモダン

築年数 40年 リフォーム費用 4,100万円 工事面積 227.18m²(68.72坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま・長男夫妻・孫 リフォーム部位 全面リフォーム

生活音はわからないし行き来がラク。二世帯が適度な関係でいいですね。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[二世帯][間取りが使いづらい]

シックなインテリアが映える、オープンなLDK [親世帯]

1階は親世帯、2階は子世帯に分離。上下階の生活音にも配慮して快適に。

築40年の木造住宅で、自営業を営まれていたMさま。廃業されたことと息子さま家族との同居を機に、二世帯住宅へのリフォームを決意。当社のリフォーム実例を参考にされ、「後々、気を使わなくていいように」と上下階に世帯スペースを分けた間取りに一新されました。
1階の親世帯スペースは、区切られていて使いづらかった和室をつなげて、広々としたLDKに。キッチンから庭まで見渡せる開放的な空間となりました。2階の子世帯スペースには、ロフトを設けた明るいLDKを実現。また、2階の床には防音シートを貼り、上下階の水まわり位置を揃えるなど、生活音に配慮しました。「お互いに生活時間が違うので、それぞれが気兼ねなく生活できていますね」とご主人。子世帯の奥さまは「子どもは自由に行き来していてうれしそうですね」と、二世帯のくらしを満喫されています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更]

before

  • お住まいの一角で自営業を営まれていた。
  • ほとんど使わない和室がいくつもあり、部屋が区切られていて不便だった。
  • キッチンや浴室が狭くて使いづらかった。
  • 二世帯で気兼ねなく生活できるようにしたい。

after

ご自宅で営まれていた仕事を辞められたことで、事務所を住居スペースに変更。直接2階へ上がれる外階段を新設し、1階は親世帯、2階は子世帯の生活スペースに分けた二世帯住宅へと全面リフォームされました。1階は、和室三間と廊下を一体化して、広々としたLDKに。狭かったキッチンもオープンな対面式に変更。寝室は上階の音が気にならないよう平屋部分に設けました。2階は、LDKの天井を上げて梁を出し、天井裏をロフトとして活用。床に段差があり天井も低くなっている落ち棟部分を生かして子世帯専用の水まわりを新設しました。

天井裏をロフトにした、開放的なLDK[子世帯]

天井の高さを確保しながら新設した水まわり[子世帯]

2階へ直接上がれる外階段

担当者Voice

奈良支社 営業担当 木村正幸

リフォームフェアにご来場の際、Mさま邸と同じような間取りの二世帯同居リフォームの物件をご覧いただき、当社に決めていただきました。上下階の完全分離ですので、生活音が響かないように配慮しました。工事の現場で、2階の天井を開けてみてロフトにできるのではと判断し、ご提案させていただきました。

奈良支社 設計担当 平田もと子

二世帯それぞれの生活空間を確保するため、床に段差があり天井も低くなっている2階の落ち棟のスペースをいかに生かすか、ということが設計のポイントとなりました。1階は、LDKを広くしたいとのご要望にお応えしてプランニングしました。生活動線を考えて使いやすさに配慮し、インテリアもトータルにご提案させていただきました。

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

リフォームフェアで、うちとよく似た間取りで上下階に分けたリフォーム実例を見て、こういう風にできるんだと知り、パナソニック リフォームさんにお願いしました。私達では思いつかないような提案やアドバイスをしてくださいました。細かな使いやすさまで気配りされていて、男性と女性のお二人で提案してもらったのがよかったと思いますね。

ページの先頭に戻る

広く開放的になったLDK[親世帯]
3室の和室と廊下を一体化して、オープンなLDKに。階段下スペースを活用したテレビコーナーが、空間のおしゃれなアクセントになっています。フラット対面のキッチンには、IHクッキングヒーターを採用。「家事がしやすくなりました。全然違います」と奥さま。

キッチン横のダイニングスペース[親世帯]
キッチンからの動線がコンパクトなダイニング。奥には納戸を設けられました。1室残した和室の建具は、リビング側は落ち着いたダークブラウン、ダイニング側は圧迫感があるのでホワイトに。

庭の眺めを楽しめるリビング[親世帯]
部屋を区切っていた壁を取払ったことで、庭の景色を室内から楽しめるようになりました。「庭が生かされましたね」と奥さま。

ホテルライクな雰囲気の主寝室[親世帯]
元々の事務所スペースを、親世帯の寝室に。壁の一面に調湿性に優れたタイル「エコカラット」を採用。ホテルライクな雰囲気で、ご夫妻のお気に入りです。

スペースを広げたバスルーム[親世帯]
タイル貼りだったバスルームを一新し、ゆったりとした広さに。お手入れもラクになりました。

収納を設けた洗面室[親世帯]
ばらばらに配置されていた水まわりは、移動して使いやすく。洗面室には収納をしっかりと設けました。

エコカラットを採用したトイレ[親世帯]
トイレの壁面にもエコカラットを採用。手すりも設けられました。

上下階をつなぐ内階段
元々あった階段はそのまま残し、両世帯間を気軽に行き来されています。足下を照らす「ほたるライト」を採用。

広く開放的になった玄関ホール
リビングへ続く建具を斜めに配置したことで、玄関ホールがより広くなりました。「リビングも広くなりましたし、うまく提案してもらって気に入っています」とご主人。

ロフトを設けた2階LDK[子世帯]
2つの部屋をつなげ、天井を上げて梁を出し、広くオープンなLDKに。天井裏スペースを生かしてロフトを設けました。明るいベージュのフロアで明るい雰囲気に。

使い勝手のいい対面式キッチン[子世帯]
キッチンは、オープンな対面式を採用。お子さまを見守りながら家事ができます。

リビングのパソコンコーナー[子世帯]
リビングの一角にカウンターを作り付け。パソコンコーナーとして使われています。「子どもが大きくなったら宿題ができるようにと思って作りました」。

シックな雰囲気の主寝室[子世帯]
壁の一面をシックなダークブラウンに。間接照明を組み込んで、雰囲気よく仕上げました。

将来の子ども部屋[子世帯]
子ども部屋は広いスペースを確保。お子さまの成長に合わせて2室に分けられるようにしています。

作り付けの本棚やニッチ[子世帯]
寝室と子ども部屋の間の廊下に、作り付けの本棚を造作。「子どもの本が増えてくるから、先に作ってもらいました」。遊び心のある、鮮やかなブルーのニッチも。

ニッチを設けた階段ホール[子世帯]
階段ホールには、楽しく演出できるニッチを造作。奥には、洗面室の天窓から採光できる小窓を設けています。

新たに設けたバスルーム[子世帯]
落ち棟スペースにユニットバスを設置。「広くて足を伸ばせるのがいいですね」とご主人。

天窓を設けた洗面室[子世帯]
北側で暗かったため、洗面化粧台の上に天窓を新設。明るく気持ちのいいスペースとなりました。

グリーンの壁紙のトイレ[子世帯]
トイレは、遊び心を生かして壁の一面を鮮やかなグリーンに。明るく楽しい雰囲気になりました。

上品な印象に一新した外観
外壁をあたたかなベージュに塗り替えたMさま邸。2階にベランダを新設し、屋根には太陽光発電システムを採用されました。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。