木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > Kさま邸(奈良県)

家族が集う明るく暖かな住空間。

Kさま邸(奈良県)

  • 家族や友人と集う
  • 木造
  • ナチュラルモダン
築年数 17年 リフォーム費用 1,600万円 工事面積 96.25m²(29.11坪)    
ご家族構成 ご主人・奥さま・長男・長女・二男・二女 リフォーム部位

リビング、ダイニング
階段、ロフト、キッチン
洗面、バス、トイレ、玄関
外まわり など

LDに家族が集まります。念願の吹抜けにも満足!

リフォーム・ストーリー

きっかけ [間取りが使いづらい][建物・設備の老朽化]

木のぬくもりが暖かい印象の、明るく広々としたLDK

木のぬくもりが感じられるLDで家族団らんを楽しんでいます。

お子さまの進学などご家族の節目を機に、築17年のお住まいを見直されたKさま。北側で暗かったLDKや寒い浴室、水まわりへの不便な動線を解消し、ご希望の「吹抜けがある明るい住空間」をかなえられました。
LDは日当たりのいい南側へ移動し、北側は増築してキッチンや洗面室、浴室、トイレの水まわりをプランニング。LDは天井を上げて梁を出し、開口部から明るい光がたっぷりと差し込むオープンな大空間に一新しました。インテリアはご主人のご希望で木造校舎をイメージし、無垢材の床や塗り壁などで温かな雰囲気に。ペット対策に腰壁も設置しています。隣接するキッチンは“見える収納”で使いやすいフレームキッチンをセレクトし、上部は念願の吹抜けを実現。2階のロフトとつながり、天窓から光が降り注ぐ気持ちいい空間です。他にも室内の随所に窓や明かり取りを設け、光を効果的に取り入れるよう工夫。ペアガラスの採用で断熱性も大幅に向上し、明るく暖かな住空間が誕生しました。
木の風合いが心地いいLDには家族が自然と集まり、「家族がLDにいる時間が倍以上に増えました」とご主人。ご家族みんなで団らんの時間を楽しまれています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

「間取りの変更」「デザイン重視」

before

  • LDKが北向きで暗く、お風呂をはじめ、家がとにかく寒かった。
  • 間取りや動線に不便な点が多かった。
  • 吹抜けのある明るい家にしたかった。

after

増築し、南向きだった水回りと北向きだったLDKを入れ替え、日当りのいい明るいLDKが実現。LDの天井を上げて梁を出したことで、さらに明るくオープンな大空間になりました。木の天井やスギの床を採用した、ぬくもりを感じられる団らん空間は、ご主人の「木造校舎のような家」というご要望を反映。また、浴室を始め随所に先進設備を取り入れたことで、暖かく快適な家が実現しました。

南向きに位置を変更し、暖かな日差しが差し込むLD

高い天井にシーリングファンを備えた明るく気持ちいい階段

LDと雰囲気を統一したナチュラルな印象の玄関

担当者Voice

奈良支社 営業担当 森本勝夫(左) 設計担当 田中貴宏(右)

Kさまは具体的なイメージをお持ちでしたので、お客さまの思いを形にしていくことを一番に考えて進めました。例えば、LDの天井を上げて梁を見せたいというご希望には、もともとの梁に金具の痕などが残っていましたので、色を塗って見栄えをよくするなど、細部まで配慮しました。ご夫妻の念願だった吹抜けも実現でき、喜んでいただけたのが心からうれしいです。(森本)

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

希望だった吹抜けを実現できるのがパナソニック リフォームさんだけで、さらにロフトの提案も気に入りましたのでリフォームをお願いしました。おまかせではなく、自分達の思うような家にしたいという気持ちをわかってくださり、大工さんをはじめ現場の方々と話をする機会を設けてくれ、直接希望を伝えられたのがすごくよかったです。リフォーム後は明るく快適な家になり、非常に満足しています。

ページの先頭に戻る

木のぬくもりが感じられる団らん空間
インテリアは経年も傷も味わいになる木造校舎をイメージし、木の天井やスギの床、塗り壁でぬくもりのある団らん空間を実現しました。スギの床は「足触りがすごくやわらかいです」と奥さまにも好評です。蓄熱式暖房器「ユニデール」も設置しました。

LDから続くウッドデッキ
LDに面したウッドデッキは、オープンエアリビングとしても使えます。バーベキューを楽しまれる際の屋外照明用として、室内手前の梁に可動式コンセントも用意されています。

天窓と吹抜けのあるキッチン
木の梁やグレーの壁、タイルがやわらかな雰囲気のキッチン。上部の吹抜けは奥さまのお気に入りです。青空がのぞく大きな天窓に「明るさが違いますね」とご主人もご満足のご様子。勝手口は新たに玄関側に設けてごみ捨てがスムーズになりました。

奥さまご要望のカウンターテーブル
少人数での食事やパソコンワークに大活躍のカウンターテーブル。フレームキッチンを採用し、“見える収納”で片付けやすさがアップしました。お手入れがラクな「IHクッキングヒーター」を搭載しています。

キッチンとつながる2階のロフト
キッチンの上部は吹抜けにし、2階のロフトとつながるように。2階にいても家族の気配が感じられるので、子ども達も安心です。ロフトから1階へするすると降りられるようロープを取り付ける予定だとか。

屋根裏感覚の広いロフト空間
2階はバルコニーとトイレをなくして増築部分と合わせ、広いロフト空間を実現。屋根裏感覚のスペースで、子ども達の遊び場として活用されています。キッチンの吹抜けとつながり、階下をのぞいて会話するなど「子ども達がすごく楽しんでいます」と奥さま。

階段下に設けたペットスペース
LDからつながる階段下は、ケージを置いて愛犬リブちゃんのスペースに。塗り壁のペット対策にスギの腰壁も設置しました。向かいには窓を設け、明かり取りから奥のクローゼットにも光が入るよう工夫されています。

すっきり片付いた洗面室
洗面室の壁はクロスを張り分け、空間に変化を付けました。洗面用品などはオープンラックや上の棚に収納ボックスを使ってすっきりと収納されています。

快適で暖かくなった浴室
浴室は、洗面室、トイレとまとめて増築部分に移動し、保温性が高い浴槽など先進設備にリフレッシュ。暖かくなった浴室でゆったりとバスタイムを楽しまれています。

採光性を考慮した先進のトイレ
タンクレスの全自動おそうじトイレ「アラウーノ」に。照明は子どもの消し忘れを防止するため、人感センサー付きを採用しました。壁は1面のみダークブラウンに。

スタイリッシュな玄関まわり
門扉から玄関までのアプローチを美しく整備。グレーの玄関扉とシックな外壁の色みがマッチし、スタイリッシュな雰囲気の玄関まわりに。

メリハリのある美しい外観
増築部分の外壁にはシックな色を採用し、メリハリのある外観に。門扉の位置を変更して駐車スペースを増やし、車がない時は子ども達が遊べるよう計画されました。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。