木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > 無垢材であたたかみのある空間に。

無垢材であたたかみのある空間に。

Nさま邸(岐阜県)

  • セカンドライフを豊かに
  • パナホーム
  • ナチュラルモダン
築年数 28年 リフォーム費用 835万円 工事面積 63.39m²(19.17坪)    
ご家族構成 ご主人・奥さま リフォーム部位 リビング、ダイニング、キッチン、和室、居室、バス、洗面、トイレ、玄関、外まわり

無垢材のやわらかな質感が本当にいい感じです。

リフォーム・ストーリー

きっかけ [建物・設備の老朽化] [インテリア一新]

ヒノキの無垢材を床に採用したLDK

好みの変化に合わせて内装を一新。造作したテーブルや椅子もお気に入り。

築28年のお住まいが雨漏りするようになり、「屋根を直さないと」と考えていた岐阜県のNさま。リフォームフェアで出会ったパナソニック リフォームの担当者と話をするうちに、生活や好みの変化に合わせて住まいを変えたいと思われ、また奥さまへのプレゼントとしてリフォームを決められました。
ご夫妻の希望は、無垢材を取り入れたあたたかな雰囲気と、落ち着ける和のテイスト。予算との兼ね合いも考えて「一点豪華主義」にしようと、間取りはそのままに内装を一新されました。「足当たりがやさしいヒノキの床、それに合わせて造作したカウンターやテーブルを、毎日なでてくらしています。複層ガラスも導入したので、結露や寒さも気にならなくなり、心から満足です」と奥さま。周辺の景色とも調和するようにリフレッシュした外構も含め、ご夫妻らしさあふれる住まいが完成しました。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[デザイン重視] [建物メンテナンス]

before

  • 屋根や外壁が老朽化していた。
  • 夜に帰ってくると、家の中が寒い。
  • 年齢とともに好みのインテリアが変化。

after

屋根や外壁の改修をはじめ、給水管など見えない部分も交換し、ずっと安心してくらせる住まいに。寒さをやわらげるために窓は高断熱・高気密の複層ガラスに変更。結露にも困らなくなったとその効果を実感されています。「和の空間が落ち着くので」と内装も一新。LDKの床には無垢材を採用し、端材でキッチン棚やアクセントウォール、リビングの腰壁、テーブルセットなども造作。ぬくもりのある雰囲気の空間を実現されました。

屋根や外壁のリフォームで美しくなった外まわり

和のテイストをプラスして一新したインテリア

無垢材を採用した、ぬくもりのあるDK

担当者Voice

名古屋東支社 営業担当 奥村 圭司(右) 施工担当 リフォーム工房 ISSEI(左)

内装については、ほとんどの時間を過ごすリビングを重点的にリフォームし、間取りをそのまま生かすことでコストダウン。住宅エコポイントも活用しました。床材の端材を利用して棚やアクセントウォール、腰壁などを造作。「人と人のつながり」を大切にされているNさまご夫妻と、とても楽しく、気持ちよくお仕事させていただけました。喜んでいただけたこと、私どもとしても満足なリフォームができたことが本当にうれしいです。(奥村)

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

パナソニック リフォームの信頼感と、親身になって相談にのっていただいたことが、依頼先決定の大きな理由です。結果、とてもいいスタッフの方達と、うまくコミュニケーションを取りながら工事を進められました。「予算内でできることすべてをしてほしい」というお願いをしていたのですが、それ以上にしていただいたという印象です。

ページの先頭に戻る

ナチュラルで明るいキッチン
設備を一新し、明るく使いやすくなったキッチン。床の端材で造作した壁面収納で収納量もアップしました。

奥さまお気に入りのカウンター
カウンターやダイニングのテーブルは、奥さまのお気に入りで娘さん達にも大好評。安心して使えるよう給水管も取り替えました。

モダンなくつろぎの和室
もともとあった棚を取り外し、なるべく広く使えるようにリフォームした和室。リビングに続く、くつろぎの空間になっています。

広々と気持ちのいいバスルーム
アール天井でのびのびとしたバスルーム。毎日気持ちよくお風呂が楽しめます。

お手入れがラクなトイレ
全自動おそうじトイレ「アラウーノ」を採用。「掃除の回数がとても少なくなりました。本当にこれにしてよかったです」。

おしゃれなアクセントウォール
キッチンの壁面の一部をアクセントウォールに。奥さまのセンスが光るディスプレーが素敵です。

壁に設けた手づくりの飾り棚
「この小さな飾り棚は、後から作っていただいたもの。とても気に入っています。」とご夫妻。

玄関前の通路「銀の小道」
玄関前の通路は鉄平石を使って味わいのある仕上がりに。ギンモクセイが植えられていることから、「銀の小道」と名付けられました。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ
パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。