木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > 二世帯同居に備えて、快適&安心に。

二世帯同居に備えて、快適&安心に。

Kさま邸(奈良県)

  • 二世帯でくらす
  • 木造
  • ナチュラルモダン
築年数 44年 リフォーム費用 2,083万円 工事面積 156.80m²(47.43坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま・長男ご夫妻・孫 リフォーム部位 全面リフォーム

新しくなったわが家を見てご近所の方が新築と勘違いしました。

リフォーム・ストーリー

きっかけ [二世帯]

ご家族が集う、明るい大空間のLDK[親世帯]

1階を親世帯、2階を子世帯の空間に。耐震性や快適性もアップしました。

築44年の木造住宅にご夫妻でお住まいのKさま。ご長男一家との同居を考えられ、二世帯でくらせる住まいへとリフォームされました。
二世帯での快適な生活を考慮して、1階を親世帯、2階を子世帯の生活スペースとしてプランニング。1階は日当たりのいい応接間、キッチン、和室をつなげて、明るく広々としたLDKを実現。これまでは屋外にあった浴室は室内に新設し、水まわりを寝室の隣に設けることで、動線も使いやすくなりました。子世帯スペースとなる2階は、低かった天井高を上げて開放的に。生活しやすいよう間取りも一新されました。また、床の段差をなくし、耐震補強も実施。外壁や屋根まで一新し、安全で快適にくらせるお住まいになりました。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[耐震補強][間取りの変更]

before

  • 廊下とキッチンの間などに30cmほどの段差があり危険だった。
  • 応接間が一番日当たりのいい場所にあり、キッチンが1階、居間が2階と間取りが使いづらかった。
  • 浴室が屋外にあって不便だった。

after

以前は、一番日当たりのいい場所に使われていない応接間があり、1階にキッチン、2階に居間がある不便な間取りでした。そこで1階の応接間とキッチン、和室をつなげて広々としたLDKを実現。また、息子さまご家族と同居を予定されており、二世帯が快適にくらせるプランに。子世帯スペースとなる2階は、天井が低く圧迫感があったため、天井を上げて開放的に。間取りも大きく変更し、開放的なLDKと寝室、洋室を確保しました。また、築44年の伝統工法の建物を基礎からしっかりと耐震補強し、耐震性もアップしました。

部屋をつなげて大空間になり、段差も解消したLDK[親世帯]

天井を上げて開放的になった子世帯スペースの2階LDK[子世帯]

耐震補強を実施し、外壁や屋根も一新した外観

担当者Voice

奈良支社 営業担当 舩本真一郎(左)設計担当 平田もと子(右)

耐震補強については、パナソニック リフォームとしていくつも手掛けてきた実績があったので、基礎の補強、筋交いの追加、鉄骨の梁の採用などで対応。ご家族の思いやアイディアを実現できるように苦労しましたが、仕上がりに喜んでいただけてうれしかったです。(舩本)
1階の床の段差をなくし、2階の天井高をどこまで上げられるか苦心しましたが、強度を保ちながら広いLDKを実現できました。思った以上にいい感じに仕上がり、ご満足いただくことができました。(平田)

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

住宅展示場で品質の良さを感じ、納得のいく提案と見積りをいただけたので、依頼しました。大規模リフォームですので、ほぼ1年おつきあいすることになりますから、担当の方の人柄も重視。いろいろな要望を伝えやすい方だったので、細かい点もよく聞いていただけました。

ページの先頭に戻る

LDと一体感のあるオープンな対面式キッチン[親世帯]
壁付タイプだったキッチンは、オープンな対面式キッチンに変更。ご家族と会話をしたり、テレビを見ながら作業ができるようになりました。

使い勝手のいいキッチン[親世帯]
お手入れがラクなIHクッキングヒーターを採用。使い勝手のいい位置に設置した勝手口で、家事がラクになったそう。

落ち着いた雰囲気の主寝室[親世帯]
北側の和室をフローリングに変えて寝室に。隣接する和室の仏間との間のスペースを活用して、壁掛けテレビのスペースを確保。落ち着いた雰囲気の空間となりました。

ご主人念願の書斎スペース[親世帯]
以前水まわりだったスペースを、パソコンを使用できる書斎に改装。隠れ家のようなご主人念願のスペースを実現しました。

快適になったバスルーム[親世帯]
以前は外にあった浴室を屋内に新設。「ボタンひとつでお湯の温度と量が設定できるのでラク」と奥さま。

バリアフリーに配慮した水まわり[親世帯]
1階の主寝室横に水まわりを移設。バリアフリー設計で動線も短く、将来も安心して使えます。

クロスを張り分けたトイレ[親世帯]
トイレはクロスの一面を張り分けて空間のアクセントに。お手入れの手間が省ける「アラウーノ」を採用されました。

パソコンコーナーを設けた主寝室[子世帯]
2階の和室を子世帯の主寝室に一新。押入スペースを生かしてワイドなウォークインクローゼットに。壁面にはパソコンコーナーを造り付けました。

広がりのある玄関ホール
玄関ホールには、大容量の収納を新たに設置。リビングへの出入り口を斜めに取ることで、スペースに広がりが生まれました。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ
パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。