木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > Aさま邸(大阪府)

二世帯が一緒にくつろぐ団らん空間。

Aさま邸(大阪府)

  • 二世帯でくらす
  • 木造
  • ナチュラルモダン
築年数 21年 リフォーム費用 2,017万円 工事面積 91.38m²(27.64坪)    
ご家族構成 お父さま・お母さま・ご主人・奥さま・長男・長女 リフォーム部位 リビング、ダイニング、キッチン、応接室、和室、バス、洗面、トイレ、居室

みんなが一緒にいる、という感じがします。コミュニケーションが取れるようになりました。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[建物・設備の老朽化]

ご家族の団らんが広がるオープンなDK

空間を分断していた和室をなくし、家族が集うオープンなLDKを実現。

二世帯でお住まいのAさまご家族は、キッチンの老朽化を機にリフォームを決意。「何度もリフォームするより、一度にした方がいいと思いました」と、お住まいの使いづらかった場所も併せて見直されました。
大きく変わったのは、ご家族皆さまでくつろがれるLDKです。これまではリビングの続きに一段高くなった和室があり、団らん空間が分断されていました。そこで和室をなくして広々としたLDKに一新。キッチンはオープンなアイランド型に変更し、十分な収納も確保されました。また、水まわりは最新設備に一新。段差を解消し随所に手摺を設けるなど、バリアフリーにも配慮されました。新しくなったLDKでは、「祖父と孫が並んでテレビを見たり、家族が一緒にいる時間が増えました」と二世帯での楽しい時間を過ごされています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][デザイン重視]

before

  • キッチンが古くなって使いづらくなっていた。
  • リビングの続きにある和室が、団らん空間を分断していた。
  • 収納が少なく、勝手口の段差が高く使いづらかった。

after

古くなっていたキッチンは、壁付のU型タイプからオープンなアイランド型に変更。カウンターにものがあふれていましたが、すっきりと片付く収納を確保されました。また、和室をなくして開放的なLDKを実現。柱を生かした格子状のスリットが、開放的な空間のアクセントになっています。毎日の生活動線となる勝手口を使いやすくするため、ステップを一段設けて急な段差を解消。水まわりは最新設備に一新し、バリアフリーに配慮されました。

収納をたっぷり設けた、すっきりと美しいキッチン

和室をリビングに変更して開放的になったLDK

段差の高さを解消した勝手口と、腰掛けて使える洗面室

担当者Voice

大阪南支社 営業担当 福本裕司(右)設計担当 栗山かおり(左)

ご要望が明確でしたので、こちらも具体的にご提案ができました。ご家族の皆さまと同じ方向を向いて考えさせてもらって、その点で受け入れていただいたのでよかったです。(福本)
ご家族が普段使われている動線を重視し、勝手口の段差や収納など使い勝手がいいようにご提案しました。空間全体のイメージをお伝えするために、カップボードの色を変えるなど何通りものパースでご確認いただきました。(栗山)

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

こちらの要望を第一優先で聞いていただきましたが、具体的にどうしたらいいかわからない時には、いつもいいアドバイスをいただいたので、それは本当にありがたかったです。リフォームは期間も長いですし、その間いろいろと要望や不安なことなどご連絡させてもらいましたが、いつも迅速に、親身になって対応いただきました。

ページの先頭に戻る

コミュニケーションが広がるオープンなLDK
和室だった部分は、テレビ収納を設置しソファを置いてリビングスペースに。空間が一体化したことで、「家族のコミュニケーションが取りやすくなりました」と奥さま。

梁型を隠した、間接照明の仕上げ
コンロ上のダクトの梁型を隠すため、天井を下げてアール状にし、間接照明を埋め込んで意匠性のある仕上げに。「これは営業さんのアイディア。お客さまからも評判がいいです」。

動線がスムーズなアイランドキッチン
スペースは広かったものの、収納が少なく使いづらかったU型キッチンを、オープンなアイランド型に変更。家事動線もスムーズになりました。

応接リビングの一角に設けた書斎コーナー
既存の応接リビングの一角に、システム収納「キュビオス」を採用した書斎コーナーを設置。ファイルがすっきりと収納できるように棚の高さを調節しています。

機能的な壁面収納を設置した子ども室
ご長男の部屋には、機能的な壁面収納をプラス。棚を引き出せる大容量のマガジンラック、ハンガーラックごと降ろせる洋服掛けなど。

システム収納を採用したご主人の趣味室
元々防音仕様だったご主人の趣味室には、今回新たにシステム収納「キュビオス」を採用。壁面のクロスも張り替えされました。

広い浴槽を採用したバスルーム
広さと形にこだわって浴槽をセレクト。「広いお風呂は気持ちがいい」とお父さま。バリアフリーに配慮して手摺も設置しました。

オープンで広々としたトイレ
以前は小便器と大便器の間に扉があったトイレは、オープンにして広々とした空間に。「以前はタイルの床だったので、掃除がとてもラクになりました」と奥さま。

家事コーナーとしても便利な2階洗面室
以前はミニキッチンだったスペースを洗面室に。奥さまのご要望で物干しユニット「ホシ姫サマ」を採用。家事コーナーとしても活用されています。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。