木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > 距離感重視で楽しい二世帯の家に。

距離感重視で楽しい二世帯の家に。

Fさま邸(東京都)

  • 二世帯でくらす
  • パナホーム
  • ナチュラルモダン
築年数 19年 リフォーム費用 2,324万円 工事面積 150.59m²(45.55坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま・息子さまご夫妻・孫 リフォーム部位 全面リフォーム

お友達に、「リフォームでこんなに変わるの?」と驚かれます。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[二世帯]

ゆったりとくつろげる、落ち着いた雰囲気の親世帯リビング

アイランドキッチンを採用したオープンな子世帯LDK

玄関は共有で、生活スペースを分離。それぞれにこだわりを実現しました。

息子さまご家族との同居を機に、それまでお住まいだった3階建のパナホームを全面リフォームされたFさま。1階はもともと駐車スペースで、2階に親世帯、3階に子世帯と生活スペースを分離。2階の玄関を共有する独立型の二世帯住宅へと一新されました。 親世帯スペースは、将来まで安心してくらせるよう段差をなくし、廊下や水まわりに手摺を設けるなどバリアフリーに配慮。子世帯スペースはアイランドキッチンが中心のオープンなLDKに。収納をたっぷりと確保し、スムーズな家事動線も実現されました。そして、二世帯それぞれが気持ちよく過ごせるためにこだわったという生活音の対策は、床下や配水管に防音シートを張ることで解消。「二世帯なんて気を遣うんじゃないの、と言われますが楽しいです。心配していた音も気になりません」と奥さま。生まれ変わったお住まいで、ご家族皆さまで快適にお過ごしです。


ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][バリアフリー]

before

  • 親世帯ご夫妻がお住まいの築19年のパナホーム。
  • 玄関は共有で、生活スペースは分離した二世帯住宅にしたい。

after

玄関が共有でも、お互いの生活音が響かないようにフローリングの下地や配水管に防音シートを施し、遮音性を高めました。親世帯の寝室には、ドアの前に壁を残して目隠しになる工夫も。2階フロアのみで親世帯の生活が完結するよう、寝室に面して洗濯物干しができるバルコニーを新設しました。インテリアも、親世帯は以前の建具とマッチする落ち着いたカラーに、子世帯は広く感じる明るいフロアと、それぞれのお好みを反映した空間になりました。

奥は親世帯、上は子世帯と、二世帯の生活スペースを分ける階段

出入り口の前に目隠し壁を設けた主寝室[親世帯]

バルコニーに面した明るい寝室[親世帯]

担当者Voice


東京支社 営業担当 柳橋哲也

二世帯でお住まいになるということで、共用部分とプライベートを確保される部分とを明確にしてご提案を進めました。二世帯ならではの贈与税がらみの課題も一つひとつクリアしながら計画を進めさせていただきました。

東京支社 設計担当 森山ひろ乃

Fさまがお考えになったプランをもとに、もっと住みやすくなるようご提案していきました。完成のイメージをつかんでいただけるようフロアの色を変えたパースを何パターンも用意したり、ショールームにご同行して設備についてご説明したり、わかりやすくお伝えできるよう心掛けました。「リフォームしてよかった」「住み心地がいい」と言っていただけたことが何より光栄です。

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

今回のリフォームに関わるすべてのスタッフの方が笑顔で気持ちよく対応してくださいました。ご近所の方にも評判がよかったです。また、防音をしっかりとしていただいたおかげで、一番気にしていた上下階の生活音は、全く気になりません。また、住んでみてアドバイスが的確だったなと実感。フロアの色は明るい方が広く見えるということでしたが、その通りでした。

ページの先頭に戻る

落ち着いた雰囲気のLDK[親世帯]
親世帯のリビングは、床の間のあるモダンな畳スペース。ダークブラウンのシステム収納「キュビオス」がインテリアをすっきりと引き締めます。

ゆとりの広さの団らん空間[親世帯]
間仕切りを開けるとひと続きになるリビング・ダイニング。両世帯でご一緒にくつろげるゆとりの広さです。


”離れ”感覚の寝室[親世帯]
親世帯の寝室には、ドアの前に目隠しとなる壁を配置。「ドアを開けて入って来ても、部屋がすべて見えないので落ち着きます。私達は“離れ”と呼んでいます」と奥さま。

寝室から続く書斎[親世帯]
寝室の隣には書斎を設けられました。収納スペースもしっかりと確保。

バリアフリーに配慮したバスルーム[親世帯]
将来の介護に備えて、スペースを広げた浴室。手摺を設け、出入り口の段差もなくしました。

シックな印象の洗面化粧台[親世帯]
洗面化粧台を最新設備に取り替え。インテリアに合わせたシックなカラーを選ばれました。


家事動線のいいDK[子世帯]
キッチンとダイニングテーブルを一列に配置。キッチンの奥は洗面室に続く、効率のいい家事動線です。テーブルは奥さまのお父さまの手づくりだとか。

視界が広がる、オープンなLDK[子世帯]
アイランドキッチンの収納力をカバーする、大容量のカップボードを採用。キッチンにいながらリビングまで見渡せ、バルコニーからの光が広がる開放的な空間です。


シンプルですっきりとした寝室[子世帯]
明るい子世帯ご夫妻の寝室。大容量のウォークインクローゼットを設けているので、空間をすっきりと保てます。

ワイドなウォークインクローゼット[子世帯]
後から家具を置かなくてもいいように、主寝室の続きに大容量のウォークインクローゼットを設置。しっかりと収納スペースを確保しました。

明るくのびやかな子ども室[子世帯]
洋室の内装を一新して子ども室に。
南面の窓からたっぷりと日差しの入る明るい空間です。

明るいバスルーム[子世帯]
新たに設けた子世帯のバスルーム。親子でゆったりと入浴できる広さを確保しました。

スペースを広く取った洗面室[子世帯]
ゆとりのある洗面室。サイドキャビネットのある洗面化粧台を採用されました。

洗面室の壁面収納[子世帯]
洗面室には壁面収納を造り付けました。ストックや日用品がすっきりと片付きます。

機能的なトイレ[子世帯]
おそうじトイレ「アラウーノ」を採用。コンパクトなスペースでもカウンターと収納スペースを設けました。

ニ世帯共有の玄関ホール
玄関は二世帯で共有されているFさまご家族。左の扉は親世帯ダイニングへ続き、奥の扉の手前に3階へ上がる階段があります。

3階建の二世帯住宅の外観
1階は駐車スペース、2階に二世帯共有の玄関のあるFさま邸。これまでのお住まいの不満点も解消し、快適に生まれ変わりました。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。