木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > Sさま邸(鹿児島県)

水まわり一新でスタイリッシュ&快適に。

Sさま邸(鹿児島県)

  • 人生を楽しむ
  • パナホーム
  • ナチュラルモダン
築年数 26年 工事面積 60.40m²(18.27坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま リフォーム部位 ダイニング、キッチン、バス、洗面室、トイレ、廊下

母の介護経験からバリアフリーに特に配慮しました。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[建物・設備の老朽化]

ハイカウンターの対面式キッチンを採用したDK

古くなった水まわりの設備を一新。バリアフリーとデザイン性に配慮。

築26年のSさま邸は、水まわりの設備が老朽化してきたことからリフォームをご検討。リフォームフェアなどにご来場いただき、イメージを固められました。
ご主人のお母さまの介護経験から、将来に備えて車椅子でも通れる動線を確保することがプランニングのポイントとなりました。玄関からダイニングへと続く廊下幅を広げるため、水まわりの入口を引戸に変更して斜めに配置。バスルームは洗面室との段差をなくし、スペースを広げました。また、キッチンも壁付けタイプからハイカウンター付きの対面式に変更。キッチンにはガラスブロックや小窓を設けて、採光にも配慮されました。設備を一新し将来も安心のお住まいで、快適に過ごされています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[スケルトン][趣味空間][家事楽]

before

  • 水まわりが古くなっていた。
  • バスルームが狭いので広くしたい。
  • 将来に備えて、バリアフリー仕様にしたい。

after

古くなっていた水まわりの一新と、将来に備えたバリアフリー仕様がSさまのご要望でした。まずは、0.75坪と狭かったバスルームを1坪タイプに変更し、洗面室との段差も解消。廊下幅も建具の配置を見直すことで十分な広さを確保しました。また、キッチンはご主人のこだわりで手元が隠れるハイカウンターに。キッチンに光を取り入れる小窓やダイニングのフロアを張り分けるなどの工夫も盛り込みました。

キッチンの天井に小窓を3つ設け、上階から光が届くよう工夫

廊下幅を広げ、建具を引戸に変更してバリアフリー仕様に

段差をなくし、スペースを広げて一新したサニタリー

「アラウーノ」を採用したおしゃれな雰囲気のトイレ

担当者Voice

九州支社 宮田俊一郎

Sさまのご要望を実現するために、洗面室の引戸を斜めに配置するなど工夫して、廊下幅を広く確保しました。また、ご要望に加えて、採光や照明の効果、デザイン性を高める配慮などもご提案しました。

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

母の介護経験から、バリアフリーには特に配慮してもらいました。手元を上手に隠せるよう、対面式キッチンはハイカウンターを選びました。キッチンの天井に設けた小窓から、光がこぼれる様子がお気に入りです。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。