木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > Iさま邸(鹿児島県)

桜島の絶景を望むLDK。

Iさま邸(鹿児島県)

  • 家族や友人と集う
  • RC・鉄骨造
  • スタイリッシュモダン
  • 匠のリフォーム
築年数 18年 リフォーム費用 1,500万円 工事面積 93.57m²(28.30坪)
ご家族構成 ご主人・奥さま・長女・長男 リフォーム部位 リビング、キッチン、和室、
寝室、 バス、洗面、玄関

毎日見慣れていた桜島を生かすという発想に感激。

リフォーム・ストーリー

きっかけ [建物・設備の老朽化]

借景を生かしたリビング

大開口サッシに変更して、立地を生かした贅沢なリビングに。

老朽化が目立ち始めた築18年のお住まいを、全面リフォームされたIさま。リフォームの匠・江口惠津子さんのアイディアで、立地特性を生かし、桜島を借景として取り込む贅沢なリビングに一新されました。また、屋久杉材を生かした和室や、焼酎コレクションを飾る棚も実現。モダンなリビングとぬくもりのある和室が調和する、Iさま邸ならではの空間となりました。間取りを見直したことで家事動線もスムーズに。「今年が銀婚式なのでプレゼントのつもりで」とおっしゃるご主人の笑顔に、リフォームの充実ぶりがうかがえます。

限られたスペースを生かして書斎を新設。水まわりへの動線もスムーズに。

桜島を望むIさま邸

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][収納力アップ][家事楽]

before

  • 老朽化が目立ち始めていた。
  • キッチンカウンターが物置に。
  • 焼酎や工芸品のコレクションを収納する
    場所がない。
  • 洗濯動線が長くて不便。

after

小さかったリビングの窓を大開口サッシに変更。桜島の借景を生かしたリビングに一新しました。キッチンは垂れ壁をなくしてオープンにし、大容量のカップボードも設置したことで、大勢の来客にも対応しやすいすっきりとした空間に。サニタリーと寝室の位置を逆転したことで、洗濯動線が短縮。「家事がラクになりました」と奥さまもお喜びです。

大開口からの景色を望むオープンキッチン

工芸品や焼酎を飾る、リビングに続く和室

担当者Voice

九州支社 宮田俊一郎

江口さんとの橋渡し役として、責任を持って対応。また、採光・通風への配慮や、自然素材のご提案など、健康・快適な空間づくりに努めました。

リフォームの匠 (株)ヴェルディッシモ 代表 江口惠津子さん

見事なロケーションや、大切にされている屋久杉を最大限に生かして設計。ご家族が楽しく機能的に生活できる、くつろぎ空間をご提案しました。

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

知人がパナソニック リフォームさんでリフォームされたのを見学に行き、気に入ったのでその場で紹介してもらいました。担当の宮田さんは話しやすくて、言いたいことを伝えられました。江口先生にご提案いただいた斬新なプランに、“目からウロコが落ちる”思いで感激しています。

ページの先頭に戻る

美しく機能的なリビング
白を基調にしたモダンなインテリアのリビング。壁面収納を設けてすっきりとした空間に。

屋久杉のぬくもりを生かした和室
既存の貴重な屋久杉の天井材を生かした和室。琉球畳、白い塗り壁も採用しています。

自然素材を採用した寝室
調湿塗り壁仕上げ材「エコかべくん」を採用。北側でも快適に過ごせます。

暖かく快適なバスルーム
南側に移動したバスルーム。脱衣室の寒さもなく「家族が長風呂になりました」。

洗濯が便利になった洗面室
浴室とともに移動したことで、洗濯後、そのままサンルームへ干せるように。

焼酎コレクションを飾る玄関
ディスプレー収納の内装には、和室で使用していた屋久杉材を採用。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。