06

古民家の面影を残して、住みやすく。
Mさま邸(奈良県)

  • 吹抜けにして梁を見せた団らん空間。

  • 吹抜けに設けたスリット階段。

  • 明るく使いやすくなったキッチン。

  • 広く使えるリビング。

  • 和の雰囲気の玄関。

  • 杉板張りと白壁で一新した外観。

  • リフォームデータ

    お住まいのタイプ/古民家
    築年数/約90年
    工事面積/160.23㎡ (48.47坪)
    ご家族構成/ご主人・奥さま・長女・長男・お母さま

    リフォーム部位/リビング、ダイニング、キッチン、居室、バス、洗面、トイレ、玄関、外まわり

  • リフォーム・ストーリー/お客さまの声

    約90年の歴史を刻んで来たMさま邸。「高齢の母や、これからの自分達のくらしを考えて、今のうちに安心な住まいに」とリフォームを決心されました。古民家の雰囲気を生かしながら住みやすく、というご要望にお応えして、LDKには梁を見せた吹抜けを設けて、団らんやおもてなしにふさわしい空間へと一新しました。また、お母さまの安全に配慮して、室内にいくつもあった段差をなくしてバリアフリー設計に。家の外にあった浴室やトイレは家の中に取り込み、構造も耐震補強や断熱改修を実施。末長く安心で快適にくらせる住まいが実現しました。

    〈お客さまの声〉

    建て替えも検討していましたが、リフォームでここまで変わるのなら、思い出の詰まったわが家を残したいと思いました。吹抜けはパースを描いて要望をお伝えしましたが、イメージ通りの空間になって満足しています。

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。