木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > 木造リフォーム TOP > まるごと断熱+換気

まるごと断熱システムで気密性を高めたトータルな断熱設計を行います。

屋根から壁・床まで住まい全体を断熱材ですっぽりと包み込むのが「まるごと断熱システム」です。

まるごと断熱のリフォーム前後のイメージです。

家中のすき間を埋めることで、
断熱効果が一段と高まります。

まるごと断熱

冬は熱を逃さない。夏は熱を入れない。一年を通して温度差を
少なくし、体にやさしい空気環境をご提案します。

まるごと断熱のポイント

家まるごとトータルな改修

壁、床、開口部、さらには天井、屋根までトータルな改修で断熱効果を高めます。

断熱材「アクアフォーム」による吹付け施工例

壁、屋根、床に吹き付ける断熱材「アクアフォーム」ですき間を抑えて断熱気密効果を高めます。

すき間を抑えた断熱

無数の細かい連続気泡状態の硬質ウレタンフォームからなる断熱材「アクアフォーム」を壁、屋根、床に吹きつけることで、すき間を抑えて断熱気密効果を高めます。

断熱材「アクアフォーム」による吹付け施工の流れ1

断熱しない部分を養生し、吹き付け開始。

右矢印→
断熱材「アクアフォーム」による吹付け施工の流れ2

吹き付けるので既存の配管まわりもすき間を抑えられます。

右矢印→
断熱材「アクアフォーム」による吹付け施工の流れ3

熱を伝えやすい金物まわりも吹き付けます。

右矢印→
断熱材「アクアフォーム」による吹付け施工の流れ4

屋根面も勾配に合わせて吹き付けます。

開口部の断熱性UP

住まいから逃げる(入る)熱エネルギーは、開口部からが多く、全体の約50%から70%にもなるため、インナーサッシで、開口部の断熱性を高めて住まいを快適にします。

インナーサッシ 樹脂複合サッシ

換気システムできれいな空気を巡らせ、快適な住まいを実現します。

住まいの気密性が高まると湿気がこもりがち。アレルギー、アトピー、喘息など疾患の原因になりかねません。パナソニック リフォームでは、換気をきっちり計画し、きれいな空気環境づくりを通じて、健康的なくらしをサポートします。

24時間換気システム

2時間に1回、居室全体の空気が入れ替わるよう計画的に換気。

健康・快適循環システム

お部屋の気になる
”ニオイ”を脱臭。

室内だけではなく、屋根裏や床下も空気が循環しているイメージ

木造リフォームの実例はこちら 古民家リフォームの実例はこちら
資料のご請求はこちら リフォームのご相談はこちら

オトナの夢はカタチにしよう パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。