木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > 木造住宅リフォーム (リノベーション)

地震に強く温かい家に変える
住宅リフォームがあります。
制震・耐震x 断熱  空気環境

制震と耐震を組み合わせた「耐震システム」で住まいを守ります。

耐震補強に地震の揺れを抑える制震ダンパーをプラスした「耐震システム」。耐震補強だけでは住まいに
地震の揺れが直接伝わるため、パナソニック リフォームではくり返し地震にも強い「耐震システム」をご提案します。

制震ダンパー

制震ダンパーで地震の揺れを吸収します。

耐震補強

耐震補強で力強く支えます。

耐震システムその1

制震ダンパー

制震ダンパーを設置することにより、地震による変形
エネルギーを吸収し、フレームと建物の損傷を防ぎます。

制震ダンパー3つのポイント

地震の揺れを吸収し、建物の損傷を抑えます。

くり返し地震にも強く、住まいを守り抜きます。

損傷を抑えることで修繕コストを軽減します。

耐震システムその2

耐震補強

耐力壁を設置するとともに、軽量化、基礎の強化を行い、
家の剛心まで制御してダメージの蓄積を軽減します。

耐震補強4つのポイント

耐力壁を設置して、揺れによる変形を抑えます。

耐力壁の追加例

筋かいを追加したり、開口部(耐震計算に含まれない壁)に耐力壁を追加して強度を増します。

壁の配置のバランスを考え、家の剛心を制御します。

耐震補強前後の地震による揺れの差

地震による揺れによって、家は耐力壁の中心(剛心)を軸に回転します。地震力の中心(重心)と剛心が離れるほど、遠心力で家は大きく揺れます。耐力壁のバランスよく配置することにより、揺れにくい家にします。

劣化した基礎を交換、修復して強化
します。

基礎補強説明

亀裂や劣化している部分に負荷が集中し、全壊や半壊に至るので、劣化した基礎を交換、修復を行い、地震による負荷を分散して受け止めます。

屋根を軽くすることで、地震の
揺れを軽減できます。

屋根を軽くすると揺れが小さくなるというメリット

屋根が軽くなると、建物の重心が下ります。
重心が下がると、地震の揺れに対する振幅が
小さくなり、家への負担が軽減されます。

「耐震システム」は費用対効果が非常に高いのが特徴です。

耐震システムはリフォーム費用の総額に対して非常に安価で導入することができます。
大震災に見舞われた際の修繕費を大幅に軽減するだけではなく、大切なご家族の生存率も高めます。

■筋かい補強と制震ダンパーを採用した場合の比較

制震ダンパーを設置すれば、
修繕費は1,000万円も軽減。

補強なしの場合

補強がない場合は
倒壊の恐れが…

筋かい補強の場合

半壊すると
1,600万円もの
修繕費が必要に。

制震ダンパーを加えた場合

一部損壊の場合は
600万円程度の修繕

※40坪プランでの改修費用概算シミュレーション
筋交いおよび制震ダンパー補強による時刻歴解析を行い最大応答層間変形角を算出。工学博士佐久間順三氏「既存木造住宅耐震補強の費用対効果の試算」最大応答層間変形角と修繕費の関係性より、耐震補強方法の最大応答層間変形角から修繕費をパナホームにて試算したものです。あくまでも計算による目安であり、立地やプラン・仕様により異なる場合があります。
※参考価格:約50万円(制震ダンパー6本を設置)


木造リフォームの実例はこちら 古民家リフォームの実例はこちら
資料のご請求はこちら リフォームのご相談はこちら

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ
パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。