木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > マンションリフォーム TOP > 上質かつ質素な和テイストの住まい。

“上質かつ質素”な和テイストの住まい。

Sさま邸(埼玉県)

  • セカンドライフを豊かに
  • マンション
  • ジャパニーズモダン

築年数 32年 リフォーム費用 1,118万円 工事面積 76.39m²(23.10坪)
ご家族構成 ご主人・三男 リフォーム部位 全面リフォーム

風通しがよくなって心地いいです。

リフォーム・ストーリー

きっかけ[建物・設備の老朽化]

ジャパニーズモダンの開放的なLD

ジャパニーズモダンの開放的なLD

くらしに合わせて間取りを変更。センスの生きる空間になりました。

築32年のマンションの配管の交換を機に、ご三男と2人でくらすお住まいを全面リフォームされたYさま。Yさまがちょうど定年を迎えられるタイミングだったこともあり、セカンドライフを心地よく過ごせる間取りに一新されました。
独立していた和室の一部を取り込んで、広々としたLDKを実現。以前は風の流れが悪く湿気がこもりがちでしたが、心地いい風が通る開放的な空間になりました。「上質かつ質素で、和をうまく取り入れてほしい」というSさまのこだわりを反映して、インテリアはジャパニーズモダンに。ピクチャーレールを活用して絵画を飾るなど、Sさまのセンスでおしゃれに演出できる工夫を施しました。また、水まわりの入口は引き戸を採用し、玄関や畳コーナーの段差はSさまが使いやすい高さに変更するなど、バリアフリーにもこだわっています。
「家も畳も新しくなり快適です」と、くらしを満喫しておられるSさまです。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][バリアフリー]

before

  • 配管などの設備が老朽化していて、水漏れの恐れがあった。
  • LDKと和室の風通しが悪く、湿気がこもっていた。
  • プライベートな空間がなかった。

after

LDKに和室の一部を取り込んで一体化、心地いい風が通る開放的な間取りに変更。壁付けキッチンは、L字型の対面キッチンに変更しました。リビングとキッチンの間の構造上取れない壁は、アクセントタイルで仕上げてアートスペースに。西側の洋室1部屋は現在のくらしに合わせて2部屋に分割し、プライベート空間が実現しました。また、水まわりやトイレの入口を全て引き戸に変更。手すりを付けたり、畳コーナーの小上がりや玄関の段差をSさまの使いやすい高さに合わせるなど、バリアフリーの視点を随所に取り入れています。インテリアはSさまのご要望にお応えして、ジャパニーズモダンに仕上げました。

明るく開放的なLDと畳コーナーが一望できる対面キッチン

ジャパニーズモダンな上質空間を実現

大きく開く引き戸や手すりでバリアフリーに配慮

担当者Voice

パナソニック リフォーム(株) 東京支社 営業担当 村田絵理(左) 設計担当 野本有紀子(右)

収納、インテリア、照明など、細やかに確認しながら進めるように気を配りました。「上質かつ質素」というご要望と、Sさまのセンスのよさを生かせるようにご提案しました。新たに設けたピクチャーフレームや飾り棚に、絵やお花が飾られていてうれしく思います。(村田)

風の通りや採光、LDKや玄関ホールのスペースを広く取ることにこだわりました。リビングとキッチンの間の構造上取れない壁はシックなタイルで演出しました。テレビ側の壁面のクロスと合って、上質に仕上がったと思います。(野本)

お客様に聞く-パナソニック リフォーム(株)のここがよかった

初めての現地調査の時から、皆さんでリフォームの意見を出し合ってくれました。これだけチームワークのある方々なら安心してまかせられると思いました。女性スタッフで構成されているのもよかったですね。設計の野本さんは、女性ならではの感性で素晴らしい間取りを描いてくださいました。

ページの先頭に戻る

明るく開放的になったLDK
和室の一部を取り込んでスペースを広げたLDK。バルコニーからの光が差し込み、心地いい風が通る開放的な空間になりました。

アートを飾れるリビング
アクセントタイル仕上げの耐力壁や、シックなクロスでジャパニーズモダンな印象に。アートを飾れるピクチャーレールや飾り棚を設けました。

使いやすくなったキッチン
壁付けキッチンはL字型の対面キッチンに変更。以前よりコンパクトになり、作業効率が高まりました。

小上がりの高さにこだわった畳コーナー
畳コーナーの小上がりはSさまのライフスタイルに合わせた高さに。「将来足を上げるのが辛くなっても大丈夫な絶妙な高さです」とSさま。

快適になったバスルーム
広々と快適なバスルーム。「朝のジョギングの後と夜にお風呂に入っています」とご満足されているSさまです。

洗濯の効率がよくなった洗面室
お風呂の残り湯を洗濯に使えるよう、バスルームの近くに洗濯機を設置。洗面台にも便利な収納を設けました。

人感センサー付きのトイレ
タンクレスタイプを採用し手すりを設置したトイレ。人感センサー付きなので、夜の使用時に重宝されています。

将来を見据えて引き戸を採用
洗面、浴室、トイレの出入り口には引き戸を採用。より快適なセカンドライフのための配慮設計です。

便利なウォークインクローゼット
キッチンだった場所にウォークインクローゼットを新設。「玄関近くに大きな収納があると便利ですね」とSさま。

モダンな印象の玄関スペース
スペースを拡張した玄関。ニッチを設け、框のデザインにこだわって、モダンな印象に仕上げました。


ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン
無料!現地調査・お見積り実施中!リフォームのご相談はこちらから リフォームのヒント、差し上げます!リフォーム実例集のご請求はこちらから

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ
パナソニックのReaRie
トイレをお気に入りの部屋にしよう アラウーノ

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。