木造住宅のリフォームでは、現地調査の上、耐震性をしっかりチェック。断熱性も高めて、安心で快適なお住まいをご提案します。

自然とともにくらす知恵や歴史がつくる趣を生かしながら、これからも安心して快適に住み継ぐために。感動の古民家リフォームをご案内します。

閉じる
パナソニック リフォーム株式会社 > リフォーム実例集 TOP > 築25年の実家を若々しい住まいに。

築25年の実家を若々しい住まいに。

Mさま邸(愛知県)

  • 家族や友人と集う
  • 木造
  • ナチュラルモダン
築年数 25年 リフォーム費用 1,110万円 工事面積 128.96m²(39.01坪)    
ご家族構成 ご主人・奥さま リフォーム部位 リビング、ダイニング、キッチン、
寝室、洗面、バス、トイレ、階段、玄関

家全体が明るくなって、帰ってきて落ち着きます。

リフォーム・ストーリー

きっかけ [間取りが使いづらい][インテリア一新]

間仕切りを広げ、つながりが生まれたLDK

ライフスタイルに合わせてご実家の内装や設備を一新。

ご主人のご実家を譲り受け、夫婦2人でくらすMさまご夫妻。元の間取りを生かしながら、ご夫婦の生活スタイルや感性に合わせて設備や内装を一新。若々しく、快適なお住まいに生まれ変わりました。
 仕事で帰宅時間が遅いMさまのご希望は「家族と一緒に家で過ごせる時は同じ空間にいたい」というもの。そこで、リビングに備え付けられていたバーカウンターを撤去し、DKとの間の襖を天井までの半透明なアルミ製パーテーションに変更。空間がつながり、一体感のあるLDKが実現しました。奥さま念願のオープンキッチンでは夫婦の会話も弾みます。また、浴室のスペースを縮小し、その分トイレを拡張。薄暗さが気になっていた玄関や廊下、階段はクロスの色を変更し、人感センサー付き照明でいつでも明るく安全に。「“実家”から“わが家”になりました」と笑顔のご主人。自分達らしく過ごせる居心地のよさを実感されています。

ページの先頭に戻る

リフォームのポイント

[間取りの変更][デザイン重視]

before

  • 浴室が広すぎて寒かった。
  • 壁付けキッチンが不満だった。
  • トイレが廊下から直接入れず不便だった。

after

キッチンはオープンなペニンシュラタイプを採用。目隠し兼カウンターの腰板がついているため開放的でありながら手元が見えず使いやすい設計に。またタイル張りの広い浴室は1坪タイプのシステムバスに替え、暖かく掃除もラクになりました。廊下から直接入れなかったトイレは入口の位置を変更してスペースを拡張。動線がよくなり、心地よさもアップしました。

タイルの腰壁とライトがカフェテイストなDK

コンパクトになって機能性が高まったバスルーム

人感センサーを設置し、明るく安全になった階段

担当者Voice

名古屋東支社 営業担当 尾関元紀(右奥) 設計担当 リフォームの匠 逢妻建築工房 石田京子さん(左奥)

ご要望や具体的なイメージが明確でしたのできめ細かく迅速に対応するよう心掛けました。その点を評価いただき、とてもうれしいです。完成後はすごく明るくなって、ますますお住まいが素敵に見えますね。(尾関)
基本のご要望にプラスアルファして、何か面白いものを取り入れたいということでしたので、モザイクタイルやエコカラットを使ったデザイン提案をさせていただきました。また、玄関からホールにかけてが純和風なので、その雰囲気を崩さず洋風のダイニングやリビングにも違和感なく合うよう、床や壁の色には特に配慮しました。(石田)

お客様に聞く-パナソニック リフォームのここがよかった

5社ほど検討したのですがパナソニック リフォームさんの対応が一番早くて丁寧でした。提案内容にも信頼感がありました。わたし達の要望にプロの立場からいろいろアドバイスいただけたのがとてもよかったです。リフォーム後は家全体が明るくなって、雰囲気がやわらかくなりました。隣に住む両親も「すごくよくなった」と喜んでくれています。

ページの先頭に戻る

タイルのデザイン壁がアクセントになった明るいリビング
バーカウンターを取り外し、明るさと広さを実現。60インチの大型テレビの背面には調湿性とデザイン性を兼ね備えた「エコカラット」を施し、インテリア性と快適性を両立させています。

LDKを仕切る半透明のパーテーション
以前は木製だった仕切り戸を天井までのパーテーションに変更。適度な透過性があるため閉めても閉塞感がなく、引き戸なので開けたままでも邪魔になりません。

デッドスペースを活用した書斎コーナー
構造上取り外せない筋交いをインテリアとして生かし、造り付けの棚と机を設置。書斎として利用でき、リビングの居心地がさらに高まりました。

使いやすくおしゃれなオープンキッチン
腰壁のタイル色と合わせたグリーンのシンクが印象的なペニンシュラキッチン。機能的な設備が動線よくレイアウトされています。

落ち着きのあるお客さま用の和室
雪見障子に書院、床の間が配された1階の和室は桟や柱など既存のものを生かしながら畳と襖を一新。内装が新しくなり、元の意匠の素晴らしさがいっそう引き立ちます。

押し入れをクローゼットに変更した2階寝室
クロスを張り替えて明るい印象に。押し入れを変更したクローゼットにはご夫妻の持ち物に合わせたフリー棚も設けられ、収納量も使いやすさも格段にアップしました。

高いデザイン性を感じさせる1階トイレ
スペースを拡張し、配置を変更。エコカラットを取り付けた壁がハイセンスな空間を演出しています。「リフォーム後、お気に入りの場所になりました」とご主人もにっこり。

明るくなった玄関ホール
以前は抹茶色だった聚楽壁を塗り替え、フローリングも明るい色に変更。純和風の玄関から洋風のLDKへ違和感なく雰囲気をつなげています。

ページの先頭に戻る

リフォームプラン

リフォームプラン

あたらしい物語がつづく。Panasonicリフォーム たとえば、こんな暮らし パナソニックのReaRie
パナソニックのReaRie

2016年4月1日、パナホーム リフォーム株式会社は「パナソニック リフォーム株式会社」として新しくスタートしました。